Make your own free website on Tripod.com


 第2回 恋するふたり

 お待たせしました。ニック先生のコーナーの2回目なのです。(えっ、誰も待ってなかったって??)

 ニック・ロウと言えば、やっぱり「恋するふたり(CRUEL TOBE KIND)」なのです。個人的には、「RAINING RAININNG」の哀愁のほうが好きなのだけど、やはりポップなニック先生ならばこれしかありませんよね。

 ニック先生の歌で、(自分が歌って)一番売れたのは、きっとこの曲でしょう。(他人の歌ったカバー・バージョンならば、ボディ・ガードのサントラに入ってた「PEACE, LOVE AND UNDERSTANDING」ですし、あのサントラのおかげでニック先生のお財布も潤ったというのは事実らしいですしね。)2枚目のアルバム「いかした愛の放浪者(LABOUR OF LUST)」に入っていたこの曲、日本でもシングル・カットされています。(日本で発売されたソロのアナログ・シングル2枚のうちの1枚ですね。)ポップなサウンドにちょっぴり哀愁を含んだメロディー、素直そうでいてもちょっとひねくれた歌詞、すべてがあの頃のニック先生なのです。うん。(今は、サウンド的にはちょっと「シブ知」になっていますけれどね。

 そうそう、この間、通信カラオケに行ったら、(孫悟空だったかX2000だったか忘れたけど)この曲が入っていまして、一緒に行った友人が誰も知らないこの曲を、一人で満足そうに歌ったのでした。それにしても、まさかカラオケにあるとは思わなかったなあ。そう言えば、ニック先生のCDを置いてある図書館もあるそうで(真偽はまだ確かめてませんけど)、ニック先生も、思っているよりはメジャーなのかもしれません。(んなわけないか。(^^;)

 話をもとに戻しましょう。この曲は、(やはり僕の好きな)イアン・ゴムとの共作で、ブリンズリー・シュウォーツ時代の作品です。シングルカットされたのはソロでレコーディングしたテイクなのですが、実は、オリジナルヴァージョンのレコードがあるというのは有名な話です。オフィシャル盤では、シングル「LITTLE HITLER」のB面に、このオリジナルヴァージョンが入っています。(僕は、勝手に「ほのぼのヴァージョン」と呼んでいますので、以下、それを使います。)また、アメリカで作られたオレンジワックスのプロモ12インチ(エルビス・コステロ、ミンク・デヴィルと一緒に3曲入り)と、ラジオ放送用のインタビューレコード「INTERCHORDS」にも、このほのぼのヴァージョンが使われています。

 で、このほのぼのヴァージョンですけれど、実は、ブリンスリー。シュウォーツ時代に録音されていまして、ニック先生の名義で出ているのも、そのテープがもとなのです。つまり、このヴァージョンは、ブリンズリー・シュウォーツのヴァージョンということだったのです。ブリンズリーのラストアルバムは「THE NEW FAVORITES OF THE BRINSLEY SCHWARZ」ですが、この後に出るはずで発売されなかった「IT'S ALL OVER NOW(出なかったので仮題)」というアルバムがありまして、その中に「恋するふたり」は含まれるはずだったのです。

 ところが、最近(一昨年くらいかな?もっと前かな?)、(たぶん)ブートで「IT'S ALL OVER NOW」がCD化されちゃったんですね。そこで、「恋するふたり」ほのぼのヴァージョンを、CDで聴くことができます。ニックソロのテイクもいいけれど、こっちもなかなかのものですよね。

 この「IT'S ALL OVER NOW」には、その他にも「WE CAN MESS AROUND」(そうそう、RUMOURがデビュー・アルバムの1曲目で取り上げ、ニック先生も「ABOMINABLE SHOW MAN」でやっているあの曲です。)とかも入っていて、なかなか聴き応えのある嬉しいCDなのです。他のニック先生の曲やイアンとの共作曲も佳曲揃いですし。(インストゥルメンタルの1曲を除くけどね。)

 ニック先生の公演も、間近になってきましたね。みんな、ワクワクしてますかぁ?僕は、もう日に日に気持ちが浮ついていくのです。ホント、困ったやつですよね。(ちゃんと仕事はしてるけどね。)

BRINSLEY SCHWARZ / IT'S ALL OVER NOW <?? / BOOT(?) / LIK-22>

WE CAN MESS AROUND / CRUEL TO BE KIND / AS LOVERS DO / I'LL TAKE GOOD CARE OF YOU /

HEY BABY(THEY'RE PLAYING OUR SONG) / THE COD / GOD BRESS(WHOEVER MADE YOU) / EVERYBODY /

PRIVATE NUMBER / TELL ME WHY / IT'S ALL OVER NOW